パルどう別館

SEOにおけるアンカーテキストの考え方

2017年06月24日  カテゴリ:SEO

アンカーテキストは重要。
なのに、全部記事タイトルにしている人が多い。

もったいないので、今日から止めにしよう。

アンカーテキストは分散させる

どんぴしゃキーワードでもしたい。

例えば、この記事の場合は「アンカーテキスト」とする。
そうすると、「アンカーテキスト」の単語で強くなります。
これをするのとしないのとでは大違い。

別に「アンカーテキスト(SEO)」と、複合ワードも狙ったりと、
どんぴしゃ系のアンカーテキストをどんどん入れたい。

したがって、理想のアンカーテキストは下記。

1、記事名
2、単語
3、狙うどんぴしゃ複合ワード

この3つのアンカーテキストは絶対にやりたい。

ページランクを意識

内部リンクの場合、ページランクによってアンカーテキストを変える。

例えば、トップページはページランクが一番高いです。
そこで、単語のアンカーテキストにする。
そうすると、記事中でやるよりもはるかに効果が高い(主要と認識される)。

なかなか、単語のアンカーテキストは自然にやるのは難しいものです。
記事中よりも、「記事一覧」的なページがやりやすい。

例えば次のような感じに。

<SEOコラム一覧>

hタグ
アンカーテキスト
ip分散
文字数
良記事とは

こうすると自然に単語でアンカーテキストができる。

狙うキーワードがあれば、
記事下に固定表示してもいいだろう。

考え方としては、ジャンル付け

アンカーテキストはジャンル付けです。

だから、単語としてのジャンル、
どんぴしゃ複合ワードとしてのジャンルも登録する。
基本はこの考え。

だから、数が多ければ良いってものじゃない。
数が多いと「主要ジャンル」として認識される程度。
ジャンルは何個も登録されるので、狙うキーワードがあればどんどん増やしたい。

こうして、一つの記事を最大限利用します。
記事タイトルだけのジャンル付けなんて、損もいいとこなので止めよう。

パルどう別館トップへ


Copyright (c) 2022 パルどう別館 All Rights Reserved.