パルどう別館

SEOはテクニックよりも記事の作り方を勉強すべし

2017年06月24日  カテゴリ:SEO

SEOは「技」の質問が多いです。
技は補助的なものなので、メインになることはない。

ここから入ると失敗する。

記事の書き方の勉強を

「SEOがダメ=記事がダメ」と考えたい。

激戦ジャンルで1位になっているサイト、
どのサイトもデザインが綺麗で、内容も「パッと見」は素晴らしいです。
素人は騙されてしまう=高品質となる。

なんでこんな詐欺サイトが1位なんだ!と思うキーワードもありますが、
全てはユーザーが評価した結果。仕方がない。
ブラックSEOだけでは1位になれません。

そのくらい、見た目の大事さ。
記事の内容というのは大事です。

内容はなんであれ、見た目で負けてはいけない。

文字だけで勝てる時代ではない

画像での解説は必須。

もう、活字離れです。
文字ばかりの記事なんて、いくら内容が良くでも読んでくれません。
極端ですが、そう考えて記事を作りたい。

どんなに専門的なことを書いている書籍よりも、
画像たっぷりでわかりやすい雑誌が売れます。
ネットもそれと同じ。

図表で解説の癖を付けていこう。
全ての教科書は雑誌。雑誌は毎月買おう。
日経トレンディーとかで良し。

求められている記事を知る

ユーザーの期待を裏切ってはいけない。

自分では期待に応えた記事のつもりでも、
ユーザーから見たら最悪の記事かもしれない。

例えば、英語の翻訳に画像は求めていません。
でも、猫の種類解説は画像を求めている。
なのに、言葉だけで解説する。

それではいけない。
手抜きはダメです。

どんな答えを求めているか?
どんな記事を想像してクリックしてくれたのか?

この二つの期待に応えて、初めてスタート地点に立てる。

--

必ず、1位のサイトを研究してください。
公式HPはまた別ですが、個人サイトでの1位は参考になります。

逆に、1位がダメなサイトなら、簡単に1位になれる。
勝てるキーワードかどうか、はそこでもあります。

パルどう別館トップへ


Copyright (c) 2022 パルどう別館 All Rights Reserved.